体験農園「実来生」とは?

「みらい」と読みます。

“実りが”“来て”“生きる”という、農業と人の生活とのつながりを示す三文字を繋げました。
実り豊かな野菜を作り、収穫する農業体験をもって、生き生きとした生活を過ごし、魅力的で明るい未来を感じてもらうことができるよう願いを込めて命名しました。

 

我々が目指すもの

野菜作りの未経験者や初心者、こどもから高齢者の方々まで、つらいイメージのある農作業を、レクリエーション感覚で気軽に体験することができる体験農園の提供を主たる目標とし、野菜作りを通じて、農業や自然に関心をもつ人、さらに参加者同士までの交流やつながりが増えることなど、明るい地域社会の推進にも寄与することを目標としています。

 

体験農園とは?

体験農園とは、農家が開設する農地の区切られた区画において、種まきや苗の植付けから収穫までの一連の農作業を体験することができる参加型の体験農園のことです。
区画された農地を借りて自分で耕作する市民農園とは異なり、苗や農具などはすべて農家が用意します。
参加者は、農家の指導のもとで農家が決めた野菜作りに参加して一緒に農作業を行うため、初心者でも1年目から品質の良い野菜作りができ、これを収穫することができます。

 

体験農園とは?

 

体験農園の圃場はどんな感じなの?

① 圃場の長辺方向に畝を立てて、畝ごとに違う品目を植えます。

② ①の畝を区切って参加者に割り当てて、担当部分の農作業をしていただきます。

③ 参加者一人当たりの区画の面積は約30㎡です。

 

どんな感じなの?

 

市民農園とは何が違うの?

市民農園との違い1

 

それなら…体験農園!

市民農園との違い3

 

【基本方針】(ダウンロード)

【参加規約】(ダウンロード)

 

体験農園TOPへ