~社の思い~

わたしたち「有限会社 援農甲立ファーム」は、広島県安芸高田市にて親子2代にわたり農業を経営している農業法人です。

当社は特に土作りにこだわって米や野菜を栽培しています。

わたしたちは、農業の生産管理・品質管理に関する国際認証であるGLOBAL-G.A.Pを取得して、2020年東京オリンピック・パラリンピックに協賛しよう!という目標を掲げ、毎日野菜と向き合っています。

野菜なり、米なり、どんな小さな作業でも無駄なものがなく、一つのことが全てにつながる仕事なので責任感を持って育てています。

また、食を扱うものとして、お客様の声に耳を傾け、おいしく安全なものを届けたいと思っています。

私たちにとってお客様の「おいしかったよ」が、何よりの励みになります。


農園概要 ~総農地面積37haを誇る広島県有数の大農園~

会社名 有限会社 援農甲立ファーム
代表者名 代表取締役 光永直義
所在地 広島県安芸高田市甲田町上甲立498番地1
設 立 平成14年9月17日
資本金 350万円
従業員数 役員 :2名
従業員:16名(正職員5名、非常勤11名)
業 種 米作農業、米以外の穀作農業、野菜作農業
経営面積 総農地面積37ha(作業受託含む)
・水田34.7ha (作業受託含む)、
・畑(露地野菜)1.3ha
・ビニルハウス(施設野菜)36棟(1.0ha)。
会社概要 当社が拠点とする広島県安芸高田市は広島県の北部に位置する中山間地域であり、地域全体の高齢化が進行しており、それに伴う農業の担い手不足が深刻化している。

このため、農地の集積、効率的な土地利用、高性能機械の導入による低コストかつ生産性の高い農業経営を行うことにより、所在地である安芸高田市甲田町周辺の農業の維持・向上を目的として平成14年9月17日に設立した農業法人である。

農業経営は水稲を主体としているが、当地域が推奨するアスパラガス、ミニトマト、白ネギ等のほか、季節に応じた野菜類を各種作付けすることにより、周年にわたって農作物の出荷を行っている。

広島県産応援登録制度への登録

広島県産応援登録制度とは、生産者がこだわり抜いた農林水産物を、「味」「育て方」「ストーリー性」などの観点から消費者が審査し、平均60点以上で、1社以上の販売希望がある商品を合格とし、PR活動や販路開拓を応援する制度です。

WEBサイトなどで商品の魅力を紹介し、消費者が買うことにより、取扱店舗が増え、農林水産業の供給が増えていくという流れになっています。

制度を活用した援農甲立ファームの思い

登録したきっかけは、せっかく良いものを作っているのだから、県内の飲食店さんなどに私たちの作る生産物を使っていただきたいという思いからこの制度を利用しました。

そして、多種目の野菜を作っているので、新しい事業を開発するのも面白いかなと思ったのです。

登録してからは、広島県内のホテルや飲食店、小売店舗などのお客様が増えてきています。

また、広島市内だけでなく、東京や横浜、大阪などとも取引を行っています。

取扱店舗

<飲食店・ホテル>

・株式会社 錦水館 リーガロイヤルホテル

・プリンスホテル  広島ワシントンホテル

・おもてなしや ほか

<青果専門店・卸売業者>

・株式会社 ころくや福屋駅前店、及び五日市店

・有限会社 広本商店 ・株式会社 浮田青果

・広印青果株式会社 ほか

豊富な野菜を揃えています!

農業は天候の影響が強く、予定通りに作業が進まないこともありますが、タイミングを計りながら植えつけ時期を考え、こまめに観察して野菜を育てています。

これからも皆様に安心・安全かつ美味しい農作物を提供すべく、社員一同鋭意努力を続けます。

当社の野菜を手に取り、ご賞味いただけたら幸いです。

今後とも、「有限会社 援農甲立ファーム」をよろしくお願いいたします。

有限会社 援農甲立ファーム
広島県安芸高田市高田町上甲立498-1
TEL 0826-45-2577
FAX 0826-45-2577